2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.03 (Fri)

出っ歯で歌は歌えるか?

みなさん、歌は好きですか?
聞くのが好き?歌うのが好き?

私は断然、歌うのが好きなんですが
ここだけのハナシ、実は私、カラオケに通っちゃってます。アハ。

20090228210126.jpg
↑こんな歌は歌いませんが。。。

いやぁ、はずかしいっ!恥ずかしいよねっ!
趣味がカラオケなんて、ちょっと大きい声では言えないんだけど
日本の虫歯治療、矯正治療の進歩のためにも
出っ歯と歌の関係を解き明かさねば!との使命感に燃え、
恥をしのんで告白しているんですヨ。

矯正治療が始まる前から、ちょくちょくカラオケを楽しんでいた私。
装置がついたら痛くて歌どころじゃなくなるのかしら?と
それはもう胃が痛くなる程に心配していたのです。
ダンナには『もっと他に心配することがあるんじゃねぇの?』と鼻で笑われていたけどね・・。

ところが、まだ矯正治療が始まる前、虫歯治療の段階でも
私のカラオケを困難にする問題があったのです。
それはズバリ!麻酔です!

私はこれまで虫歯の治療に麻酔をされたことが無かったので
麻酔をしたら口がどんなふうになるか全然知らなかったし、考えたこともなかったの。
今回の歯医者さんでは、治療に麻酔をしてくれるというので
これはありがたい~。痛くない治療ってホントにあったのか~。素晴らしいぞ!
と喜んでいたのです。

ところが!!!
治療が終わり、カラオケへ向かおうとした時のこと。

(私:心の中)
「ややっ!私の唇は今どこに??」
「私の口はいまどんな形をしてるのだ??」
「ちゃんと口閉じてるか?」

と、口元がどうもおかしいことに気づきました。

(私:心の中)
「ふ~む、麻酔ってのはちょっと後に残るのね」
「お食事デートの約束は歯医者の後にしないほうがいいわね、うんうん」
「うん・・・・・、ん?」

「あっ!!!」

「私この後カラオケ行くんですけどっ!?」
「月に一度のお楽しみなんですけどーーーっ!!」
「どうなの?歌える?歌えるの?口は動くの???」

(私:心の中で葛藤)
「今日はやめとく?」
「う~、そうね~~」
「いやいやっ!いかん!今日を逃したらまた当分歌えないよっ」
「そだね。行こっ行こっ!」

そんな訳でカラオケ強行。
何か口がうまく動かない。
いつにもまして、早口の歌詞にもたもたする~。遅れてるよっ。
途中で飲んだドリンクが口からだら~っとこぼれ落ちる~。
何か声がよくでない。高音がまるで出てこない~。

ふぅ、今日は・・・ダメだな・・・。
かえろっかな。



<検証>
「出っ歯と歌の関係:1.虫歯治療と歌について」

<結果>
 虫歯治療直後に歌を歌うのは難しい。

 しかし、それでも歌いたい!
 歯医者の日に行かなければいいと思うわれるでしょうが
 月一回、ダンナに息子を預けて歯医者へ行ったその足でしか
 カラオケに行けない私は悩んだ。
 どうしても歯医者の後にカラオケに行きたい!!

 私は解決策を見いだしました。

 「そうだ!どんなに痛い治療でも、麻酔はいりません!と言えばいいんだ!!」と。
 


 「・・・・・言える??」
スポンサーサイト
16:45  |  歌う出っ歯  |  コメント(4)

2010.09.02 (Thu)

内緒にしてたこと。

実は私、矯正することを親にも話していなかったのです。
まぁ別に、話さなきゃいけないとも思ってなかったんだけど(こんな歳だしねぇ)
何となく「親から授かったこの歯をいじっちゃいます!」的な気持ちは少しあったので
(特に抜歯の時とか、ママごめんよ。抜いちゃうぜ~と心の中で叫んだしね)
いつ話そうかな~と、ちょっと楽しみにしていました。

装置がついてから一度、両親が田舎から泊まりに来たのですが
3日間一緒に過ごすも矯正の話題にはならず、
多分気づいてないんじゃない?とダンナと話していました。

親子ってそんなもの?
口元なんて見ないで会話してるのかしら?
それとも、顔も見ないで話してる?

おもしろいのでそのままにして、
いつ気づくかね~、いきなり出っ歯が治ってても気づかないんじゃないの?
な~んて話していました。

しばらくして、お盆で田舎へ帰省することになり、
さすがに気づかれるよね~、
実家に帰ったら両親だけじゃなく、お姉ちゃんとか甥っ子達とか人がうじゃうじゃいるし
誰も気づかないなんてことは無いよね~、って感じで
いよいよか、と覚悟していたのです。

でも意外と気づかれないものなんですね~。
っていうか、あんまり人のことをよく見てないんだろうな~。

半日ほどたった頃、逆にしびれを切らした私の方から矯正の話題をふってしまい
2番目の姉が「あ~、あんたも矯正始めたの~?」と言ったら
1番目の姉、父と母が寄ってきて
『えぇっ!?』
『矯正!?』
『あっ!ホントだ~!』
という感じでカミングアウトとなりました。

2番目の姉は割とすぐ気づいてたけど何も言わなかったみたい。
1番目の姉と両親は、初めて気づいて
どうしてやろうと思ったの?とか
いいな~、私もやりたかったけど今さらもういいわ~、とか
私はもういいけど子どもにはやってあげたいわ~、とか
いくらかかるの~とか、いろいろ聞かれました。

矯正をしようと思うみなさんは
矯正は自分にとってどういうものと考えているのかな?
人それぞれだと思うけど、
私にとっては自分への投資?美しくいるための投資?
まぁちょっと贅沢品なのかなと思うけど、
まだ自分に美しくなれる可能性が残ってたなんて素晴らしいキセキだよ!
03:19  |  出っ歯エピソード  |  コメント(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。