FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.02 (Sat)

出っ歯、ヴォイストレーニングへ行く。

どうも、またカラオケ的ネタですみません。

先日、初めてヴォイストレーニングなるものに行ってきました。
前々からやってみたいと思ってはいたものの
「そんなとこ行ったら初めて会う人の前で歌ったりしなきゃなんでしょ?」と(←あたりまえ)
シャイであがり症の私には無理ムリ~、と思って逃げまどっていたのですが
たまたま体験講座というのを見つけたので勇気を出して行ってみることにしました。
「恥ずかしくてもうダメ~っ」てなったら、途中で逃げてくりゃいいやってことで。

グループレッスンで、既に受講されている方々と一緒にレッスンをしたのですが
生徒さんにおばさんが多いことにビックリ!(←いや、私もおばさんか!?)

ま、そんなことはおいといて、まずは発声練習。



(先生)
「ピアノに合わせて、ま・ま・ま・ま・ま~♪と歌いましょう」

(私:みんなと一緒に)
「ま・・ま・・ま・・ま・・ま~~♪」

(先生)
「まっきーさん、もっとお口を大きく開けて~」
「はい、もう一度」

(私:口を大きく開けてるつもり)
「ま・・・ま・・・ま・・・ま・・・ま~~♪」

(先生)
「まっきーさん、まだお口が小さいですよ~」
「まっきーさん、もっと笑顔で~」


(私:心の中)
「せ、せんせい・・・」
「私もうついていけません・・・」
「これ以上口を大きく開けて笑顔でだなんて、次の『ま』に間に合わないんです~」



出っ歯のみなさんはもうお気づきでしょうか?

『ま』と発音するためには、一度口を完全に閉じる必要があるんですが
何を隠そう、私は出っ歯。しかも矯正治療中の身。
ただでさえ口を閉じるのに「んっ」と気合いを入れないといけないのに
大きなお口で笑顔で、だなんて・・・。

笑顔ってことは、にこっとした瞬間に前歯が一度全部唇から出るのですよ?
それをまた全部唇内におさめて口を閉じるためには
「よいしょっ」と唇を大きく動かす必要があるのですよ~?。
(↑私だけではないですよね!??私だけではないと信じたい・・・)

出っ歯歴30年の私ですが、
大きく口を開けて笑顔でリズムに合わせて「ま」を連呼することが
こんなにも難しいということに、その時初めて気づいたのでした。


・・・いや、
正確にはその時にはわからなかったの。
「何故かしら先生、私ついていけません~・・・」
「愚図でのろまなカメなんでしょうか~・・・」と思っていたのです。
「『ま』って言いにくいんだよね。違うのじゃダメなのかね~」とも。

家に帰って落ち着いて考えてみたら、
「そりゃ出っ歯のせいじゃ!」と気づき、かなり納得したのですが
そう考えてみると、私のしゃべり方、
のったらのったらしゃべり、瀬川瑛子みたい
segawa.jpg 
とよく人に言われるこのしゃべり方も
出っ歯のせいに違いない!!と世紀の大発見的にハッと気づいちゃったのです!



ということは!?
矯正して出っ歯が治ったら、このしゃべり方や発音、声までも
美しく変わっちゃうの~~~????
アナウンサーも夢じゃないかも!!
takashima.jpg 



こんなこと、みんな知ってたの?



スポンサーサイト
05:31  |  歌う出っ歯  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.09.03 (Fri)

出っ歯で歌は歌えるか?

みなさん、歌は好きですか?
聞くのが好き?歌うのが好き?

私は断然、歌うのが好きなんですが
ここだけのハナシ、実は私、カラオケに通っちゃってます。アハ。

20090228210126.jpg
↑こんな歌は歌いませんが。。。

いやぁ、はずかしいっ!恥ずかしいよねっ!
趣味がカラオケなんて、ちょっと大きい声では言えないんだけど
日本の虫歯治療、矯正治療の進歩のためにも
出っ歯と歌の関係を解き明かさねば!との使命感に燃え、
恥をしのんで告白しているんですヨ。

矯正治療が始まる前から、ちょくちょくカラオケを楽しんでいた私。
装置がついたら痛くて歌どころじゃなくなるのかしら?と
それはもう胃が痛くなる程に心配していたのです。
ダンナには『もっと他に心配することがあるんじゃねぇの?』と鼻で笑われていたけどね・・。

ところが、まだ矯正治療が始まる前、虫歯治療の段階でも
私のカラオケを困難にする問題があったのです。
それはズバリ!麻酔です!

私はこれまで虫歯の治療に麻酔をされたことが無かったので
麻酔をしたら口がどんなふうになるか全然知らなかったし、考えたこともなかったの。
今回の歯医者さんでは、治療に麻酔をしてくれるというので
これはありがたい~。痛くない治療ってホントにあったのか~。素晴らしいぞ!
と喜んでいたのです。

ところが!!!
治療が終わり、カラオケへ向かおうとした時のこと。

(私:心の中)
「ややっ!私の唇は今どこに??」
「私の口はいまどんな形をしてるのだ??」
「ちゃんと口閉じてるか?」

と、口元がどうもおかしいことに気づきました。

(私:心の中)
「ふ~む、麻酔ってのはちょっと後に残るのね」
「お食事デートの約束は歯医者の後にしないほうがいいわね、うんうん」
「うん・・・・・、ん?」

「あっ!!!」

「私この後カラオケ行くんですけどっ!?」
「月に一度のお楽しみなんですけどーーーっ!!」
「どうなの?歌える?歌えるの?口は動くの???」

(私:心の中で葛藤)
「今日はやめとく?」
「う~、そうね~~」
「いやいやっ!いかん!今日を逃したらまた当分歌えないよっ」
「そだね。行こっ行こっ!」

そんな訳でカラオケ強行。
何か口がうまく動かない。
いつにもまして、早口の歌詞にもたもたする~。遅れてるよっ。
途中で飲んだドリンクが口からだら~っとこぼれ落ちる~。
何か声がよくでない。高音がまるで出てこない~。

ふぅ、今日は・・・ダメだな・・・。
かえろっかな。



<検証>
「出っ歯と歌の関係:1.虫歯治療と歌について」

<結果>
 虫歯治療直後に歌を歌うのは難しい。

 しかし、それでも歌いたい!
 歯医者の日に行かなければいいと思うわれるでしょうが
 月一回、ダンナに息子を預けて歯医者へ行ったその足でしか
 カラオケに行けない私は悩んだ。
 どうしても歯医者の後にカラオケに行きたい!!

 私は解決策を見いだしました。

 「そうだ!どんなに痛い治療でも、麻酔はいりません!と言えばいいんだ!!」と。
 


 「・・・・・言える??」
16:45  |  歌う出っ歯  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。